スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]




バイリンガルの育て方


今日テレビに、ウエンツ瑛士君が出ていました。



かわいい顔をした彼は、アメリカ人と日本人のハーフ。

外国人顔の彼ですが、実は、日本語しか話せません。



そんな彼に、周りの出演者は

「おかしい!そんなのありえない。」と、彼をいじって楽しんでいましたが!


こんな状況、実際によくあるんです。




私の学校にも、親が日本人であるにもかかわらず、

外国で育ったため、少ししか日本語が話せない学生が、何人かいます。




しかし、彼ら、外国で育ったからといって、

現地の人と同じように、その国の言葉が理解できるかと言うと…?

なかなか、そうもいかないらしいのです…




家では日本語。 外では現地語。

そのため、どっちの言葉も、十分な量が頭に入らず、


その結果・・・

「会話は、どちらの国の言葉でも大丈夫!
 
でも、論文や学術書などの難しい文章は、どちらの国の言葉でも読めない


こんなことが、実際起こってしまうらしいのです。



想像でしかありませんが、それってとても辛いことだと思いませんか?




昔、親の仕事の都合で

5歳からアメリカに移り住んだ、日本人に会った事があります。


「どっちの言葉でも、話せるっていいねー。」 私は気軽に言いました。


でも彼女は「どっちも中度半端よ・・・」と、寂しそうな顔で言いました。



(彼女曰く、難しい単語を、推測する力がないそうです。

 「なんとなくこういう意味かな?」っていうのができないと。)





たくさんの日本語があふれている、日本という国の中で、

違う言葉を勉強したとしても、このようなことは起こりません。



しかし、母語がしっかりしていない幼い間に、外国などに移住すると、

上のようなことが起こりうると、考えられています。




「目指せ!バイリンガル!!」 


でも、日本にいたなら、

日本語と同じ量だけ、違う国の言葉も与えなければいけません。


う~ん、でもこれって無理だよなぁ~


だって、私も、ダンナも生粋の日本人。 

英語すら、話せませんから・・・^^;




「海外で育ったから、2つの言葉が話せる! ラッキー!!」

そう見えて、そうはいかない、とても複雑なバイリンガル問題。



実際、仕事の都合で、幼い子供を海外で育てることになった親御さん達は、

日本語を忘れさせないように、

それはそれは、大変な苦労をなさっていると聞きました。




残念ながら、この分野、私の専門ではありません。

もし、詳しい方がいましたら、いろいろ教えてください m(_ _)m



日本語しか話せないウエンツ君。

「きっと日本語には、問題ないんだろうなぁ~」

テレビを見ながら、感じた私でした。


関連記事


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


真の国際理解って・・・? | 【2005-06-17(Fri) 23:46:48】 | Trackback:(0) | Comments:(11) | [編集]




コメント
どもっ!『うちのかーちゃんあめりかん』のたかばくです。私もこの分野に関しては専門(?)ではないのですが、日本人なのに英語しか話せなかったり、両方中途半端だったり、という友達が何人もいます。中途半端で一番辛いのが自分が何人かわからないということを考えるてしまうらしいです。私から見て英語がうまいでもネイティブから見ては変なアジア人としかうつっていなかったりもしちゃうんですね。文化の違いからジェスチャーなどにもそれが出てしまいますからね。でも、対処法というか解決策もちゃんとあるんです。それは、開き直りと気合らしいですw。悩みをバネにして経験値を上げていってみんな生きてるんですよね。
2005-06-18 土  03:29:45 |  URL | うちのかーちゃんあめりかん #- [編集]
こんにちはー。
私のダンナは中国人なんですが、
中学生のころから6年ほど、カナダに住んでいました。
中国語も英語もネイティブ並みに話せますが、
どうも話題によっては、まったく単語が分からないことがあるようです。
例えば、彼はカナダで運転免許証を取ったので、
車に関しての中国語がほとんど分からないとか。
もちろん中国語は母語なので、言われれば分かるそうです。
私も語学は得意ではないので、単純にうらやましかったんですが、
バイリンガルにはバイリンガルなりの悩みがあるんですね。

リンクさせてもらってもいいですか?
2005-06-18 土  18:10:07 |  URL | maho #Y.RLEoj6 [編集]
瀬戸カトリーヌさんは父親フランス人、母親日本人だけどフランス語も英語も全然だめと言っていました。国際結婚でバイリンガルにしたかったら父親の国に住むのが一番、というのが私の意見。たいてい母親のほうが口数多いですから、母親の言語は話すレベルでなら自然と身に付くはず、多分。でも結局どのレベルにまで言語を身につけるかはやはり本人の努力および才能ではないかと。実は私、日本語教師ですけど難しい論文など日本語でもなかなか理解できません…。早見優が自分の子供もバイリンガルに育ててるっていうけど、本人も会話レベルじゃないかと思うんですけどね(できないもののひがみ!?)
それから確か2言語は難しくてかえって3言語のほうが習得しやすいということをきいた覚えが。(3ヶ国語が公用語のルクセンブルグを例にして。)でもやっぱり日常的に浴びる量が問題ですよね、きっと。
2005-06-18 土  23:29:22 |  URL | coucou #- [編集]
「子供は苦労しなくても自然にバイリンガルになれていいですね」ってうちもよく言われますが、やっぱり苦労しています。日常会話だけなら、家庭で使っていればなんとか両方いけますが、読み書きはちゃんと学校で毎日習わないとダメですね~。でもそれって、モノリンガルの子の2倍勉強しろってこと?無理です・・・さすがに。

そういえばうちの息子、ウエンツ瑛士くんに似ています。

ブログ、移転しました。
http://blog13.fc2.com/ethno/
です。よろしくお願いします。
2005-06-20 月  11:36:50 |  URL | ビアンカ #JeDKLqWY [編集]
たかばくさん、こんにちは!
そうですね・・・私も、自分が何なのか分からないという悩みを持った人を何人か見ています。
自分には、どれだけつらいかわかりませんが、本当に苦しいものだと想像します。
大切なのは、たかばくさんの言うとおり、開き直りと気合かもしれませんね。

皆いろんな悩みを持って、生きているんですよね。
私も負けずに、強くたくましく生きていきたいです。

2005-06-20 月  13:47:05 |  URL | ささ → たかばくさん #- [編集]
mahoさん、こんにちは!
リンクしていただけるなんて光栄です^^

mahoさんのご主人は中国人なんですね。
そうですよ。私もバイリンガルって羨ましいと思っていたのですが、実際はそうでもないらしいですね。

mahoさんのように、身近にそういう人がいらっしゃるといろんな経験ができますね^^
大変なことも多いかと思いますが、いろんなお話しをきかせていただければと思います^^

こちらこそ、よろしくお願いします。



2005-06-20 月  13:52:18 |  URL | ささ → mahoさん #- [編集]
coucouさん、こんにちは。
そっか。確かに母親の方が口数が多いですもんね。父親の国に・・・っていうのは、目からうろこでした。

2ヶ国語より、3ヶ国語というのは、どういう理由なんでしょうね・・・余計ごちゃごちゃになってしまいそうですけど・・・^^;

う~ん・・・
結論は、やっぱり“自分の努力”ってことですか!でも子供にはそんな努力しろって言うのも酷だしなぁ~。

この分野は、まだまだ研究が進んでないと聞きました。これからいろんなことが明らかになるんですかね?
飽きずに、興味をもってみていこっと^^

また分かったことがありましたら、コメントくださーい^^

2005-06-20 月  14:01:01 |  URL | ささ → coucouさん #- [編集]
ビアンカさん、こんにちは!
ビアンカさんのように、実体験している方からのメールとてもありがたいです。
やっぱり難しいですよね・・・バイリンガルって・・・

またいろんなお話し聞かせてくださ~い!
2005-06-20 月  14:09:49 |  URL | ささ → ビアンカさん #- [編集]
おひさしぶりにおじゃまします。
国際結婚の場合,とても重要な問題ですよね。確か6歳までに母語を確立させたほうが良いと習いました。親がもっと関心を持つべき問題でしょう。
私自身,国際恋愛中でもあり,この問題を考えることがあります。子どもをどちらでそだてようかと・・・まぁ結婚自体決まった話じゃないんですけどね(^^;)
2005-06-21 火  21:25:39 |  URL | KMJ #- [編集]
そうですね。KMJさんにとってはすごい近い問題ですね・・・
私も母語を確立させることが、バイリンガルへの第一条件だと思います。
いずれ結婚して、子供が生まれたら、バイリンガル子育て日記を書いてくださーい^^

2005-06-24 金  13:37:42 |  URL | ささ → KMJさん #- [編集]
はじめまして。もう更新はされていないのでしょうか?
1年も前の記事にコメントさせていただくのもちょっと気が引けたのですが、過去LOGをずーっと読ませて頂いて、ここでどうしてもご挨拶したくなってしまったので、書かせていただきますね。
アメリカの片隅でほそぼそと日本語教師をしている者ですが、この「セミリンガル問題」は我が家の子どもたちの直面する問題でもあります。
まあ、ある程度は仕方がないのですが、どれだけ母語を伸ばせるか、というのも含めて楽しんでます。
旧ブログですが、こんな記事を書いたこともありました。
http://sky.ap.teacup.com/loveland/340.html
セミリンガル観察日記(?)は現在も続いてます。お時間があったら遊びにいらしてくださいね。
2006-06-20 火  11:26:20 |  URL | TAMA@合衆国の片隅 #UXKfz55g [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 日本語教師の日本語大好き生活 【日本語教師になりたい人を応援します!】 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。