スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]




反日デモについて


最近、中国との関係が悪化しています。


昨日は、ついに上海の日本人留学生が殴られるという事件が起きました。

何の罪もない人に、日本人だからという理由だけで殴り掛かる。

決して許される行為ではありません。



そんな思いをあおるかのように、マスコミは、デモの映像を朝からずっと報道し、

「中国はこんなに怖い国なんだ。」ってアピールし続けています。


しかし、どうして反日感情が高まっているのか、

他の中国市民はどう思っているのか、など

本当の中国の姿を見たいのに、それが見られる報道はなかなか見つかりません。


このままでは「中国は恐ろしい国だ。中国人は怖い。

という印象だけが残るでしょう。


こんな中国人ばかりではないのにね・・・

本当に悲しいことです・・・



以前、留学していた友人(日本人)が、同じクラスの中国人に、

「あなたは、戦争の責任をどうとってくれるの?」と

責められたことがあるそうです。

いきなりの出来事に、彼女は何も言えなかった、と言っていました。



私もそうだったでしょう。

いきなりそんなことを責められても、何も言えません…

しかし、中国や韓国の人は、私達日本人より強く、あの時のことを覚えています。


ただでさえ、今年は戦後60年。

中国では反日感情が盛り上がり、

以前より、今回のような事態が危惧されていたとも聞きました。


一方の日本では、そんなことまったく報道されず、

今回の事態をあっけにとられて見ているばかり。


これが、悲しいかな、中国と日本との戦争の捉え方の違いです。



このように、日本人の戦争の捉え方にも問題があるのかもしれませんが、

一部の中国人のように、反日デモをする、日本人を責める、そして殴る。

それで一体、何の解決になるのでしょう・・・


確かに、日本は中国に対しひどいことをしてきました。

しかし日本にも、戦争のせいで、つらい思いをしている人が大勢います。

今更どちらが悪い、そんな攻め合いをしても何も変わらないのです・・・


攻撃することでしか自分の考えを示せない人達を、私は悲しく思います。



今するべきことは、憎みあうのではなく協力しあうこと。

日本政府も、それを十分承知のはずです。もちろん中国政府も。

誠意ある対応を、私は期待しています。



もし今の私が、友人と同じことを、中国人に言われたら・・・?

「そんなことを、私に責めて何になるの? 今やるべきことは何?」

ときっと言い返すでしょう。


争うことで生まれるのは、憎しみだけです。

これ以上反日デモが大きくならないことを、私は心より願っています。


最後まで読んでくれてありがとう!
何かを感じた方は、ここをクリックしてくれたら嬉しいです。

関連記事


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


真の国際理解って・・・? | 【2005-04-11(Mon) 14:58:31】 | Trackback:(16) | Comments:(19) | [編集]




コメント
さささんのお考えに深く共感します。逆トラックバックさせてください。
2005-04-11 月  18:44:31 |  URL | ビアンカ #JeDKLqWY [編集]
ビアンカさんへ
共感してくださってありがとうございます。

どうも中国の中でも、一部の人たちが過激にデモを行ったみたいですね。
あまり、マスコミに惑わされたくないものです。

少しでも早くこのような反乱が収まりますように・・・
2005-04-11 月  19:10:44 |  URL | ささ→ビアンカさん #- [編集]
さささん、こんにちは。
憎しみからは何も生まれないんですよね。
攻撃して、罵って、彼らは何を求めているのでしょう?どうすれば気がおさまるのでしょう?
今、日本人はどうすべきなのでしょうか?
あまりに、私の知識不足で答えがでません。
投石をしている若者は、心から日本を憎んでいるのだか、レクレーション感覚で騒いでいるのだか、それさえも良くわからなくて・・
これからもう少し、中国について、アジアについて、勉強してみようと思います。
本当に、早くこの騒ぎが収まる事を願います。そして正しく双方が理解しあえる事も。
2005-04-11 月  21:52:34 |  URL | ぺりお #- [編集]
本当にそうですね。
ただおもしろくてやっているだけのか、本当に反日教育が彼らを動かしているのか、実際のところはよく分かりません。

ただ、私はクラスの生徒を愛して、日本を好きになってもらうことだけに力を注ぐのみです。
国じゃなく、個人を見れる先生になりたいと思っています。

先ほど、デモの首謀者がデモの一時停止を宣言しました。
手の届かないところで、あまりにも激しくなってしまったからだそうです。

きっと、日本を愛してくれている中国人はたくさんいます。そう信じれるニュースでした。

2005-04-11 月  22:19:34 |  URL | ささ→ぺりおさん #- [編集]
批判も分かりますが、お互い相手の立場に立って、どうしたら解決できるのかというところまでしっかり考えてほしいと思います。
微力ながら、中国で日中の友好関係が築けるようがんばろうご思います。
2005-04-12 火  00:19:16 |  URL | ぐーすか #ZbKHS78k [編集]
ぐーすかさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

そうですよね。
批判は、簡単にできますよね。
でも、難しいのはそこから、どうしていくかということです。
もちろん、友好関係が築けるように。

ブログを通して、少しでも何かを考えるきっかけになればなぁと思っています。
2005-04-12 火  13:08:41 |  URL | ささ→ぐーすかさん #- [編集]
さささん こんちは!
中国の反日騒ぎって、ほんの一握りの煽動者? とても多くの多くの中国人はそうではないと思いたいです。
皇居で観光客を見ました。中国の方も沢山いらしてましたよ。
とっても平和な顔の家族連れも。
日本人も中国人も韓国人も、、友好を信じて、一人一人が親善を心がけたいものですね。
2005-04-12 火  17:36:54 |  URL | 花とおじさん #- [編集]
はじめまして、こんにちは。私も今中国で日本語教師をしています。昨日、私の同僚である日本人先生(2人しかいませんが)のところに、新聞部と名乗る学生たちが訪れ、すごい勢いで今の情勢についての意見を聞いてきたそうです。その様子を見ていた学生によると、とても怖かったそうです。私は、いつもは食事は学生と大声で話しながら食堂で食べてたのですが、しばらく食堂のように人の集まる場所で日本人と分かるような行動をしないことにしました。中国が好きで、中国人が好きでここにいるけど、やっぱり怖いんです。日本と中国が、私と私の生徒たちのような関係になることを願っています。
(私は今Blogがありませんが、私の生徒が一人Blogをがんばって日本語で書いてますので、お暇な時にでも覗いてみてくださいませ。http://blog.livedoor.jp/appleland/ )
2005-04-14 木  13:42:35 |  URL | まんまる #- [編集]
花とおじさん様、こんにちは。

そうです。まだまだ中国人にとって日本は人気の高い国の一つです。
日本に勉強に来ている人たちも中国からが一番多いですし、私の生徒も日本が好きだと言ってくれます。

国で人を見るのではなく、個人で人をみれるようになりたいと常に思っています。
花とおじさんの言うとおり、一人一人の友好の気持ちは、集まれば大きくなります!
2005-04-14 木  14:06:00 |  URL | ささ→花とおじさん様 #- [編集]
まんまる様、初めまして!

中国が好きで中国にいるからこそ、今回の事件はきっと心を痛めていることでしょう・・・

日本人だからと言って、気を使わなければいけない環境が少しでも早く改善されるように祈っています。

皆が私と生徒のような関係になってほしい、とまんまるさんは書いてくださいましたが、ほんとどうですね。

でも、その生徒達の気持ちも集まれば大きなものになりますから!
そのことを信じてお互いがんばりましょう!

また、中国の様子をきかせてもらえたら嬉しいです。

P.S. 生徒さんのブログ拝見しました。とても素晴らしいブログですね!日本語を使ってあれだけの文章が書けるのはすごいです。きっと頑張って勉強したんでしょうね。


2005-04-14 木  14:20:53 |  URL | ささ→まんまる様 #- [編集]
最近の反日運動の一環でサイバー攻撃なども行っているようですが、ネットをそのような事に使ってはいけないというルールはグローバルスタンダードだと思うのですが、どうでしょう。中国は全世界に「我々はルールのルールの守れない国だ!」とアピールしているように思えてしまいます、残念です。早くこの関係が修正されることを望んでいます。
2005-04-14 木  20:08:55 |  URL | セロ #- [編集]
セロさん、こんにちは。

そうですよね~。
あのような行為は、自ら、中国の価値を落とすことにつながってしまうと私も思うんですが・・・

まぁ、そこまで嫌われてしまったのかもしれませんが、「愛国心のためなら何をやっても構わない」という考えは、間違っていますよね。

週末の日中会談で、少しでもいい方向に進めばいいんですが、ちょっと不安です。
2005-04-15 金  13:30:36 |  URL | ささ→セロさん #- [編集]
ささサン、トラックバックありがとうございます。ちょうど、同じテーマの投稿をされていたのですね。私も同感で、昨今の出来事を悲しんでいるひとりです。今週末にはまたもや大規模なデモが予定されているとかで、どうなるか今から心配です。何かが関係改善のきっかけになればいいのですが。
2005-04-15 金  14:49:59 |  URL | News英語サロン #- [編集]
はじめまして
TBづたいに飛んできました。
反日デモについては、私は凄い憤りを感じていました。
ニュースを見ながらデモの凄い有様に文句を言っていたところ
母親に「マスコミに踊らされないように、真実を見極めなさい」と言われました。
そりゃあ、批判はいざこざが生まれるだけだし、
今すべき協力への道の障害にしかなりません。
でも流れるのは壊された建物の姿、
日本人が怪我をさせられたという報道等
暴力とう行動に出た中国側の姿のみ。
正直、協力、という言葉も恐怖のあまり小さくなってしまっていました。
だけど。こちらの記事やコメントを拝見していて

>デモの首謀者がデモの一時停止を宣言
>私の生徒も日本が好きだと言ってくれます

等の真実を見て、良かったと落ち着きました。
2005-04-17 日  22:02:03 |  URL | mikann5959 #YulHqgkQ [編集]
さささん、コメントありがとうございました。本当に、少しずつ回りの誰かの意識に変化を与えられたらいいですよね。
2005-04-17 日  22:13:30 |  URL | dunia #- [編集]
私たちは今反日デモについて調べています!!なにか良い資料があれば教えてください!!
2005-04-28 木  14:32:26 |  URL | ma^.^ #- [編集]
maさん、申し訳ありません。
私は、ネットや新聞など皆が見るようなものでしか情報収集していません。
力になれなくて、すみません。
2005-04-28 木  22:54:47 |  URL | ささ → maさん #- [編集]
匹夫講座1 日本は中国の右翼の産地

匹夫代表の私が反日的になったのは中国の洗脳教育を受けたからではありません。そして今の中国に洗脳教育があるという言い方は正しくないと思います。冷戦の崩壊とともに共産主義という理論はごみ箱に入ってしまったのです。中国が「中国特色のある社会主義」というのはあくまでも13億という巨大な後進国を率いる上で避けて通れない政治選択だったと匹夫代表は思います。社会主義の理論を科学的に立証したと言われるマルクスの代表作「資本論」には「株式会社設立」や「証券取引」などは禁止です。しかし、わが国の小平は社会主義と主張しつつも「資本論」を革命し、資本主義の産物である「株式会社」や「証券取引」を全部取り入れたのです。ですから、中国人民の偉大なる指導者小平は逝去された後マルクスに会えなかったと思います。小平さんの偉いところはここにあるのです。彼が作り出した「中国特色の社会主義」は前代未聞の「新型資本主義」と私は定義付けたいと思います。世界で初めての「新型資本主義」の試みではないでしょうか。一言でいれば、中国の社会主義経済の仕組みは建前で、中身は資本主義そのものです。したがって、毛沢東、華国峰時代にあったような洗脳教育はありません。中国人の経済的発想や生活の営みはますます日本に似ているのが現状です。

話しが脱線しましたので、本題に戻ります。
私は日本が好きで日本語を勉強し始め、ノーベル文学賞をもらった川端康成や大江健三郎などの文豪を生んだ日本に憧れて、文学を勉強するために留学生として4年前に日本の地を踏んだのです。日本へ行く前私は親日派といわれるほど左翼(?)でした。日本語を勉強しながら認識した日本人の勤勉さ、マナーの良さ、新幹線、地下鉄、大相撲、花見など日本のいい所を惜しまず仲間達に伝えたのです。ですから私の日本留学は夢を託した文学勉強の道のりとも言えたのです。当然、日本のビザをもらった時はうきうきしました。日本人に会うたびに心をこめて挨拶し、なるべく日本人の考え方や、生活習慣に合わせるように努力しました。日本語学校を半年で卒業し、日本の文部省の奨学金ももらいました。日本語が出来るようになってから、日本人と交流するときが増えました。しかし、言葉が解るから楽しくなるはずの日本留学に段々自信を持たなくなりました。私の前で公然と日本の中国への侵略を美化もしくは正当化する日本人に幾度も会いました。中国人という理由で何十回もアルバイト求人先で門前払いされました。入管でビザ更新時の審査官のアイスみたいな態度は鳥肌が立つ思いでした。銭湯の入り口に「中国人は立ち入り禁止」という垂れ幕を見たときには、全身の血が逆流するような気がして気絶しそうでした。私は文学の夢想の世界から目が醒めたような気がしました。私の憧れの的だった隣邦—日本が本当はこういう国だったんだ、民主国家を標榜する日本がこういう差別語を平気に使っても良い国なんだということを改めて認識しました。一歩下がって、例え公然と使わないにしても心の中に宿っている日本人の中国人に対する差別意識は所々で見え見えでした。
私は中国語の「不共戴天」という言葉を思い浮かべました。「大東亜共栄圏」というスローガンは本当にうそだったなあということをしみじみ感じました。中国人と日本人は永遠に共栄共存がないということを新たに確認したきっかけでした。私の日本に対する態度は徐徐にとは言え、これをきっかけにがらりと変わったのです。即ち親日派から反日派に変心したのです。左翼と右翼は紙一重と言ったことでしょうか。今帰国して振り返って見ると、もし私が日本へ行かなかったら反日右翼分子にはならなかったかもしれません。私の周りには日本から戻った人がおおぜいいます。「日本が好き?」という質問をしたら、大体「大嫌い!」という言葉が跳ね返ってきます。日本で帰化した中国人に同じ質問をしたことがありますが、答えは同じ「大嫌い」でした。「帰化したのは子供の教育とか、就職の問題等が原因でやむを得ず帰化したので理解してくれ」という人がほとんどでした。私は彼らの帰化は生活のための知恵と見ており、帰化という日本の制度を納得した上で選んだ道ではないと思います。そこで私は「十分理解する」と「慰め」の言葉を贈りました。日本で留学する間、私の場合は奨学金ももらったから、日本に感謝の気持ちを持たなければいけないのに、そういう気にはなりませんでした。私は深い悩みに苦しみました。結局、大学3年生というところで中退し、中国へ引き上げたのです。
残念ではありますが、渡日当初、彼の魯迅先生のことを頭の中に浮かばせながら文学の夢をいっぱい抱いていたこの胸に反日の気持ちをいっぱい詰め込んで帰国の途につきました。当然ながら今はデモ隊に加わらない反日戦士になってしまいました。光栄とは思えませんが、偽りのない自分の気持ちに任せた主義の選択―反日主義の道を静かに歩むことを決意したことについて民族の誇りと充実感を覚えています。一方、これが共存共栄の模索と反目解決の糸口を探る喜悦を満喫できる気持ちに変わってくれることを切に願います。(つづく)
2005-05-05 木  15:13:47 |  URL | 中国匹夫代表 #- [編集]
次は日本人民に告げると題して講座に代えさせていただきますので、ご注目ください。
2005-05-07 土  08:59:21 |  URL | 中国匹夫代表 #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005/04/11 16:08 | ホームコンじゅく出来島教室総合情報Blog | 「中国で反日デモ拡大」・・・迷走中国よ!何処へ行くの? ”迷える”中国が迷走を始めたもよう・・・↓お~い。そっちに行っても何も無いと・・思うよ(^_^;)どこの国にも”活動家”はいるでしょうし、日本にだって政府公認(のような・・・)「右翼団体」がいるから驚きはしないけどねぇ・・・若者が多いのが気になる・・・これは、

2005/04/11 18:46 | わいるどわ~るど | 中国の反日デモ 胸の痛くなる映像が連日テレビで流されています。中国に行ったことはありませんが、これまでお付き合いしてきた中国人はたくさんいますし、従姉妹が広州市に住んでいます。ブログで知り合った方の中にも中国在住の方がいます。さきほど、「ぐーすか・ぶーすかの中国大冒険」

2005/04/11 22:45 | アマノイシ | デモ、予想外の拡大。 デモは当初二時間ほどを予定し、署名、プラカードなどでの訴えをメインにした計画的なものだったそうで。投石やら、看板壊しやら、店を襲うまでに発展してしまったのは、開催者本人も想定外だったらしい。理性的なデモがこんなんなっちゃうなんて。開催した人がちょっと可哀

2005/04/12 00:01 | ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険! | 「反日デモ」について  この連日流れている中国国内の「反日デモ」のニュース。私達の住む内モンゴル自治区のフフホト市では、何も動きも見られません。報道もほとんどされておらず、周りの人に聞いても知らない人ばかり。逆に「反日デモ」のニュースを伝えると「ええ?どうして?」と驚きま

2005/04/12 11:45 | 東亜マンセー協会 | 中国反日デモを巡る日中攻防戦 9~10日に中国で行われた反日デモを巡り日中の攻防が続いている。反日デモに中国主要メディア沈黙 (読売新聞)中国に責任ない!!中国反日デモ 町村外相「破壊活動」外交日程見直しも (産経新聞)--------------------------------------------------------------反

2005/04/12 13:02 | 中華的日々 | 憂鬱・・ 今日は、ニュースを見るたびに憂鬱でした。 どこのチャンネルも“反日運動”中継ばかりだからです。 とうとう、上海では怪我人まででてしまいました。留学中の友人が心配です。 いろいろ複雑な日中の歴史や、政治的な思惑等で、ここまで反日感情が高まってしまったのでしょ.

2005/04/12 17:28 | ほろ酔い日記 | 楽しい「同期会」 毎年、中学校の同期会を開いている。福岡県の中学校の同期生であるが、巣立ってから45年にもなる。「思えば遠くへ来たもんだ~♪」幾多の歳月を経て東京に移り住んだ仲間が一人二人と連絡を取り合って「中学同期会」を始めてから15回目が過ぎた。小生は昨年度の幹事を勤めた

2005/04/12 20:54 | KMJ_Diary | やっぱりおかしい。 「中国に責任はない」????? 集団で大使館やレストランを襲撃して,怪我人出して営業妨害して,さらには日本人だからという理由だけで殴りかかる。それを自分たちのせいじゃないなんてよく言えるものだ。本当に不思議。 殺人事件の被害者に,殺され.

2005/04/13 00:11 | ± ぷらすまいなす ± | 反日問題 中国首相:日本の常任理事国入りは歴史問題の解決が前提 【ニューデリー西尾英之】中国の温家宝首相は12日、訪問先のニューデリーで記者会見し、日本の国連安保理常任理事国入り問題について「歴史を尊重し、責任を負う国だけがアジア、世界人民の信頼を勝ち取り、国際社

2005/04/13 22:21 | ± ぷらすまいなす ± | 反日デモ再び? 週末の反日デモ呼びかけ、再び活発化 温首相発言影響か2005年04月13日19時44分 中国国内で13日、今週末にも再び日本への抗議デモを呼びかける動きがネット上で活発になってきた。先週末に大規模デモがあった北京のほか、天津や瀋陽などの都市名が挙がっている。温家宝(

2005/04/14 17:59 | ~人とコトバ~ | 草の根交流 中国や韓国など、日本のすぐ近くの国との関係が悪くなっている。 心配だ。 日本で学ぶ留学生や研修生と接していると、いろいろな国のことを直に知ることができる。 それは、私たち日本人と、来日している彼らの間だけではない。 たまたま同じクラスやコースに在籍す

2005/04/18 01:04 | ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険! | 「反日派」の北京人(反日デモについて 続編) 昨晩、近所の小さな食堂へ行きました。先客は3人。それぞれ違うテーブルに座る中年の男性です。見知らぬ3人の会話は弾み、ついに話は「日本について」へ。私達はしっかり聞き耳を立てながら料理をむしゃむしゃ食べました。どうやら3人の内の1人が今話題の「反日派」。北

2005/04/25 15:52 | 行きたくないな~。 | 反日デモ ・・・でもぅぅぅ~ 超ムカツク~超ムカツク~!!! [:ショック:]と思いながらも気づくと、中華レストランでランチを取っていた。・・・エヘ [:嬉しい:]このデモが他国でどう語られているのかを知りたくて朝からJapan Times とFinancial Times を読む。小泉さんの謝罪の言葉と引き合いに靖国参

2005/05/04 20:10 |  バンクーバー情報 | 日中問題 世界の意見を日本語訳!! 日中関係について第三者達からの意見を仕入れることによって、より幅広い意見を閲覧できる気がしたので、英字新聞からの情報を仕入れてみることにしました。ちょうどBBC newsに、読者の声を並べたものがあったので、下に何個か並べてみます。反日と反中、中立の意見を選んだ

2005/05/10 21:07 | 主観的 書評ブログ | ほんとうは日本に憧れる中国人 著者: 王 敏 タイトル: ほんとうは日本に憧れる中国人 「反日感情」の深層分析 著者は、中国河北省生まれで現在は法政大学で人文科学を教えている王 敏(ワン・ミン)教授である。王教授によると、実は中国人は日本に憧れているのだそうだ。中国は、ここ数年で急速な経済

2005/07/09 22:15 | 諸葛川 | 日中友好のために その3 日本と中国の関係において、いろいろと間違った事が伝えられてしまっています。物事をきちんと整理して、ゆっくり考えていけば、おのずと何が正しいかが分かります。来月は終戦の月です。今から、毎年8月に報道されるであろう事を、ゆっくり考えておきたいです。極東国際軍


Copyright © 日本語教師の日本語大好き生活 【日本語教師になりたい人を応援します!】 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。