スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]




尖閣諸島をめぐって・・・

また中国との関係が悪化しています・・・


思いだすのは、約5年前。

歴史問題をめぐって、激しく衝突してた時のこと。

反日デモの記事、私も書いていました。)



でも、意外に日本語学校は冷静で、何事もなかったように、

毎日が過ぎていくんですよね~。




今回の事件で「なんだ!中国って!!変な国!!」と、

かなり嫌悪感を持った人も多いと思います。




事実、中国という国は、

中国が一番優れていて、世界で一番すごい国なんだっ!と

教えられて成長します。


経済大国となった今も、

マスコミやネットは、すべて政府の検閲が入り、

中国に有利な情報のみを流します。



そんな世界にいる、中国国民に、

冷静で平等に、物を見ろって訴えてもまず無理なことでしょう。



元々、問題が起きると、謝ること=負け!という考えなので、

感情的で、高圧的な態度をとってきます。



少し中国人を知る人なら、今回の態度も、

まぁ、こんなもんか、仕方ない、理解すると思います。



(そりゃ、もちろんそんな態度なので、

国際社会において、中国側が、失うものも多いとは思いますが。)




でも、そんな態度で接しておいても、

こちらが強気に出たり、少しでも自分が不利になったら、

急に、ニコニコしてくるもの事実。


すぐに手のひらを返してくるのも、目に見えていたこと・・・



な・の・に!

ちょっとだけ中国人と接する機会の多い私でも、

簡単に分かるはずなのに・・・



日本政府は、ちっとも分かっていなかったぁぁぁ~~



相手がちょっと強気に出てきたら、

すぐにビビって、船長を釈放~。

そして、その船長は、中国で英雄扱い


なんだ、そりゃ??



明らかに、日本は中国という国を知らなさすぎた。

今回の対応には、そんなことを感じずにはいられません



民主党政権、本当に大丈夫かな~。

そんなことで、これからの外交、日本をちゃんと支えていけるのかな~。



そんな不安ばかりが残る、今回の対応でした。



 今回は、とっても主観的な記事になってしまいました。

皆は、どう思っているんだろう?

何か心に思うことがあれば、コメントくだされば嬉しいです。


関連記事


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


真の国際理解って・・・? | 【2010-10-01(Fri) 11:13:55】 | Trackback:(0) | Comments:(3) | [編集]




コメント
中国との問題って、今回のような出来事をきっかけにしてある日突然爆発的に報道されますよね。それで少し経つとまた表面上の友好関係に戻ってる。これがどうにも不思議でなりません。日本に対して本気で訴えたいことがあるなら、私のように日中関係に詳しくない人間の耳にも自然とそれが入ってくるくらいの運動をやるべきなんじゃないかと思うんです。遊び半分のデモなら家の近所でお友達と仲良くやってればいいじゃないですか。
それにデモに参加してる人が口にしてる「打倒小日本」とか「日本は地球から出ていけ」っていう言葉、とてもじゃないけど現代を生きこれから未来を担っていく大国の若者が吐く言葉じゃないと思うんです。まるで軍国主義を掲げていた時の日本やナチスドイツのよう。(感情論的だとは思いますが)種族の存在を虐げる言葉の重みは中国人こそよく理解しているはずなのに。自分たちこそ優秀なんだと国に刷り込まれているにしても、あまりにも短絡で感情的な抗議活動には、不快を通り越して憐れみを感じます。もちろん全ての中国人がそうだとは思っていませんが、彼らの感情の琴線に触れた時、もしかしたら感情の暴走の餌食になってしまうのではと考えるとやはり中国人と接することに恐怖感を覚えます。
かつて日本人が中国人に行ってきた残虐非道な行いの数々は、授業で教わってきたし写真でも見たことがあります。日本人であることを恥じた一方で、日本人として生まれたからにはその事実を知らずにいることは罪だと思いました。けれど、その悲惨さを経験していない、誇張された事実を鵜呑みにしている今の中国の若者に、今の日本人を中傷する権利はないと思います。やらなきゃいけないことは、お金の請求や無意味な誹謗中傷活動ではなく、悲惨な過去を繰り返さないために歩みよりお互い未来へ向かっていくことじゃないんでしょうか。
中国は、国力から見たら世界のリーダー足り得るでしょう。けれど、都合が悪くなると話をすり替えたり、利益を全て自分の物にしようとしたり、力づくで他者を精神的にも肉体的にもねじ伏せたり、バランスの悪い思考回路を持っていては、世界がついてこないどころかいずれ自爆するのがオチです。日本がアジアのリーダーを名乗っていたのは過去のこと。リーダーの素質をもった未熟な超大国が、早くリーダーとなってくれることを願うばかりです。
長々とすみませんでした。色々と積もりに積もっていたので語らせて頂きました。
2010-11-06 土  02:52:11 |  URL | ナースの卵 #- [編集]
1段落目に関して少しつけたします。(中国でデモのことを報道していると捉えられそうな文章だったので)
日本のメディアが、今回のような出来事をきっかけにしてある日突然日中問題を爆発的に報道するのも問題だと思います。連日の報道は感情を煽っているようにしかみえません。デモをしている人の表情を見れば本気か遊びかなんて一目瞭然なのに、あえて報道するということは、やはり日本人も感情的な種族なのでしょうか。
デモをする側は、本気ならそう思われるように行動すべきだし、本気じゃないならメディアに姿を出す必要はないと思う。報道する側は、何でもかんでも報道するんじゃなくて、何を伝えたくて報道するのか考えてほしい。
2010-11-06 土  03:15:24 |  URL | ナースの卵 #- [編集]
ナースの卵さん、コメントありがとうございます。

私も、日本語教師である以前に、日本人ですので、
中国でのデモの様子、中国の日本に対する外交姿勢には腹立たしさを
覚えるのも事実です。

中国は、経済的発展を遂げてきましたが、
いろんな面で、まだまだだなと思う部分は多いです。

早く、そのような面でも世界に追い付いてきたら、
何かが変わるのかもしれませんね。
2010-11-06 土  22:07:51 |  URL | りょう→ナースの卵さん #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 日本語教師の日本語大好き生活 【日本語教師になりたい人を応援します!】 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。