スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]




NAFL(ナフル)日本語教師養成プログラムの注意点


前回、アルクのNAFL日本語教師養成プログラムは、

日本語教育能力検定試験に対応した、唯一の通信教育教材だと述べました。



実際に、私も受講していたので間違いなし!



その年の新傾向に合わせて、テキストも改定されるし、

幅広くて厄介な、試験範囲をしっかりカバーしています



しかし、このNAFL日本語教師養成プログラム。


しっかり勉強して、修了証書をもらったとしても、

この証明は、なかなか就職に結びつくものではないのです



なぜならば、このNAFL(ナフル)の勉強は、

就職の条件としてあげられる420時間内の勉強としては、

認められないからなのです・・・



自主勉強だからですかねぇ。

寂しい気もしますが、実際そうなんですねぇ・・・



しかし!

NAFLを通して、独学で日本語教育能力検定試験に合格すれば、

養成講座で420時間を受けた人と、同じ資格が得られるわけだし、


NAFLを使って、検定合格を目指すことは、決して無駄ではありません



また、日本語を教えているボランティアの人たちの

レベルアップにもつながる、とてもできた教材だと思います



時間がなくて、養成講座に通えない人の強い味方の

NAFL(ナフル)日本語教師養成プログラム。


上手に活用して、検定合格に近付いちゃいましょう



 「NAFL日本語教師養成プログラム」詳細は、こちら↓から




関連記事


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


NAFL日本語教師養成プログラム | 【2010-09-12(Sun) 22:50:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]




コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 日本語教師の日本語大好き生活 【日本語教師になりたい人を応援します!】 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。