スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]




ホワイトバンドの流行


最近、“ホワイトバンド”なるものが流行っているそうな。



ホワイトバンドとは、

世界から貧困をなくすために作られた、3cm位の白いゴムの腕輪です。


(現物を見たい人は、このページからどうぞ。)




イギリスを発端として、日本にも上陸したこのホワイトバンド。


芸能人が宣伝したこともあって、

若者を中心に、ファッション感覚で身に付ける人が増加中・・・




しかし、なになに?



募金のお金が、実は貧困をなくすために使われていないとか、

様々な噂が広まって、「意味がない」とか

中には「偽善だ!」とか言う人も出てくる始末・・・




私も何回か、身につけている人を見ましたが、私自身は未購入です。



だって、おかしくない?!

おしゃれだからって、皆が付けているからって買うのって!!



って思っていましたが・・・



「結局、私だって、何もしてないじゃん・・・



おしゃれ目的であれ、何であれ、ホワイトバンドの購入費が、

貧困撲滅のために、少しでも役に立っているのなら、



何もしていない私は、全くもって、彼らを責める資格なし・・・




購入動機なんて、どうでもいい。

何をしたのかどうかが、重要なんですよね・・・





以前受け持っていた、欧米や、オーストラリアの生徒達は、

ボランティア精神や、基金や寄付に対して、とても意欲的でした。



何かあるごとに、

ボランティアに出かけたり、チャリティーに参加したり。



日本は貧富の差が少ないけれど、

世界的にみれば、このような国は、本当に珍しい。



このようなところは、世界に常に目を向けて、

日本人も見習わなければならない所だと、常々思ってます。



もちろん、そのためには、自分の好意が、

正しく使われるか、使われないかをしっかり見極めるのも大切!



世界の平和のために、自分に一体何ができるのか・・・


改めて考えさせられた、今回のホワイトバンド騒動でした。


関連記事


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


真の国際理解って・・・? | 【2005-10-03(Mon) 15:31:12】 | Trackback:(1) | Comments:(2) | [編集]




コメント
はじめまして!「日本語教師」と検索したところ、さささんのブログに行き着きました。
私は、今週から日本語教師養成講座に通うことを決めた大学生です。数回の留学経験を経て、言葉を通じたお仕事、日本語を広げるお仕事をしたいと思い、講座に通うことにしました。さささんのブログを拝見させてもらいましたが、まだ日本語教師の卵くらいな私でも楽しく読むことができました。実際のお仕事内容や環境など、今後も楽しみに拝見させていただきますね!
2005-10-04 火  01:25:52 |  URL | Mami #- [編集]
Mamiさん、はじめまして!立派な志をお持ちですね。きっと立派な日本語教師になれると思いますよ^^
私もまだまだ駆け出しの日本語教師です。一緒にがんばりましょう。
また遊びに来てくださいね。まってます^^
2005-10-04 火  19:28:39 |  URL | ささ → Mamiさん #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005/10/04 21:15 | 路上日記@なんで屋 | ODA…そしてIMF・世界銀行の真の意図とは…? ODA(政府開発援助)というのがありますが、数年前まで、日本もなかなかええことをしてるんやな、と能天気にも思っていました。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088754603/249-9752704-6852350 でも、この本『SEED』(ラデック・鯨井←あの「マスターキートン


Copyright © 日本語教師の日本語大好き生活 【日本語教師になりたい人を応援します!】 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。