スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]




「ら抜き言葉」は間違い?


ら抜き言葉」が、問題になったのは、

いつ頃からでしょう・・・?


長い間、是非が議論されていますね。



ら抜き言葉とは、

「見れる」(×:ブッブー)「見られる」(○:ピンポンピンポン


同様に、

×「寝れる」 ○「寝られる」

×「食べれる」 ○「食べられる」 などなど。



ら抜き言葉は、国語文法で言う、

上一段、下一段活用(う~ん、懐かしい!)の動詞を

可能形する際に、見られる現象です。



「ら抜き言葉を聞くと、むしずが走る!」というおじさん方は、

たくさんいらっしゃいますが、


私としては、意外に、肯定的です。



なぜなら、自分も使っちゃうから・・・^^;



以前、ら抜き言葉が気になって、

TVに出てくる、様々な人のインタビューを、


「おっ!ら抜き。」「おっと、また、ら抜き!」と


地道に、調査したことがあります。(暗い?)



すると、意外や、意外、

ら抜き言葉を使う人が、多いこと。多いこと。



ほぼ、95%の人が、ら抜き言葉を使っていました!!

(いや、もしかしたら、もっと多かったかもしれない!)




では、日本語教育の世界では、一体どうなのか?



「話し言葉に限っては、ら抜き言葉を認めようじゃないか。」と、

いう流れもありますが、

日本語教育において、ら抜き言葉は、まだまだ間違い。



でも、95%の人が通常に使っている言葉が、

果たして間違っているって言えるのか!?



私としては、何とも言い難い、難しい問題です・・・




しかし、授業では、極力 ら抜き言葉を使わないようにしています。


(でも、やっぱり出ちゃったりして、生徒たちに、

それ、何ですか~?と聞かれ、授業が脱線する・・・



そして、生徒たちの間違いをたくさん直しているうちに、

どっちが正しいのだか分からなくなって、

ひそかに頭の中で、混乱を起こしていたりする私です。



うぅぅ、恐るべし「ら抜き言葉」・・・



でも、これだけ使われている以上、

日本語に敏感な生徒たちが気づかないわけはない!



なので、聞かれた時は、丁寧に教えるようにしています。

でも、テストに書いたら間違いよ!と釘をさすことも忘れずに・・・




皆さんは、「ら抜き言葉」意識して使ってますか?

それとも、無意識ですか?


思うところがある方、ぜひ、コメントください^^



関連記事


ブログランキング参加中。参考になった方はポチっと押してね

日本語教師人気ブログランキングへ  


日本語まめ知識 | 【2005-08-10(Wed) 21:44:17】 | Trackback:(1) | Comments:(20) | [編集]




コメント
「ら抜き言葉」を問題にしている人は、共通語しか知らない人なんでしょ?。
方言では、「ら抜き言葉」なんて珍しくないそうですよ。
「見れる」「食べれる」「寝れる」なんて子供の時から普通に使ってません?
2005-08-11 木  00:09:45 |  URL | りゅう #- [編集]
りゅうさん、こんにちは!
共通語しか知らないかどうかは分かりませんが(笑)、方言であった「ら抜き言葉」が全国的に広がったという説もあります。
私は、文法変化の簡略化(五段動詞と同じ変化をさせよう)といった流れから来ているのではないかと、勝手に思っています。

どっちにせよ、「ら抜き言葉」は、間違いとは言い切れないと思うんですけどね^^;
2005-08-11 木  15:41:22 |  URL | ささ → りゅうさん #- [編集]
> 共通語しか知らないかどうかは分かりませんが

そりゃそうですね。(笑)
> 知らない人なんでしょ?
最後に(笑)を入れるのを忘れてました。(^_^;)

たとえ最初が間違いから出発しても、世間に広がってからいくら間違いだと叫んでも手遅れで、正解になってますからね。
「全然」の使い方とかね。^^
2005-08-12 金  13:56:08 |  URL | りゅう #QIGpv1DA [編集]
>日本語教育において、ら抜き言葉は、まだまだ>間違い。

ここが大いに気にいりました。
ら抜きことばはいけません。最近は公共放送のテレビの中でも、ら抜き言葉を耳にして不愉快になります。ついでに 「・・・じゃないですか!!」の乱用も気になっています。

日本語教師、さささんの大活躍を期待しています。
2005-08-15 月  21:02:14 |  URL | 杏子 #- [編集]
そうですよ。間違いから正しい言い方になるのは、よくある話。
そのうち、ら抜き言葉も、正しい使い方になるんだろうなぁ~と私は思っています。
でも、それはいつのことやら・・・
10年後?それとも30年後?いつでも、言葉の変化は、予測不可能ですね^^
2005-08-19 金  17:50:08 |  URL | ささ → りゅうさん #- [編集]
杏子さん、こんにちは!
そっかぁ、杏子さんはら抜き言葉、許せない派ですね。
でも、私はどちらかと言えば容認派なんです。(もちろん授業では使いませんが・・・)ですから、私に期待しても駄目かもしれない・・・(笑)

しかし、最近よく使われる「私って~じゃないですか~?」ってあまり親しくない人に言われると「いやいや、あなたのことよく知らないし」なんてつっこみたくなるしなぁ、
言葉って本当に難しいです。

使う使わないにこだわらず、常にアンテナを張っておくことが重要かもしれませんね。
2005-08-19 金  17:55:53 |  URL | ささ → 杏子さん #- [編集]
はじめまして。
南の方角から飛んできました。「ら抜き言葉・・」、私は無意識に使っている派かも。読んでいて、気をつけてもう一度、自分の言葉の点検の必要性を感じました。その昔、方言札を首にかけられた経験もありますが・・今は、時々荒っぽくなる口調に、妻から、”言葉には、言霊というのがあるのよ”と、注意を受けたりしています。貴ブログ、とても興味深く読ませて頂きました。
これからも時々立ち寄らせて下さい。
2005-08-20 土  10:21:24 |  URL | 南の・・かなで #- [編集]
始めまして。コメントありがとうございました^^
南の・・・かなでさんは、方言札を昔かけらてたことがあるんですか??ということは、沖縄の方なんでしょう・・・か?
授業では、習ったことがありますが、実際経験した方からコメントをいただいたのは初めてです。
私自身、方言にも興味があって、以前このブログにも取り上げたことがあります。(よろしければ、http://sasako.blog5.fc2.com/blog-entry-58.html を開いてみてください)
今でこそ、方言は注目されて、好ましい傾向にありますが、昔はこんなこともあったんだなぁと思うと悲しくなります。

また、遊びにきてコメントを残していただければと思います。

ちなみに「言葉に言霊が宿る」という説、私も同感です^^
丁寧に、一語一語話せる人になりたいなぁといつも思っています。





2005-08-20 土  12:47:44 |  URL | ささ → 南の・・・かなで 様 #- [編集]
でもやっぱり、期待しています。フアイト!
授業中だけでもら抜きことばで走ってくださいませ。

”きよく、だだしく、うつくしく”
教室の壁に校長先生の文字が書かれた標語が貼っててありました。昭和21年、1年生の杏子
でした。
でもいまからでも遅くないですね。
アンテナをはっていろいろ勉強のやりなおしです。ありがとうございます。
2005-08-20 土  16:49:19 |  URL | 杏子 #- [編集]
ご丁寧にお返事ありがとうございます。

“きよく ただしく 美しく”
私の学校にも書いてありました。
昭和60年、一年生のささです(真似^^)
とてもいい言葉ですね。実行はとても難しいですけど・・・^^;
2005-08-21 日  20:38:39 |  URL | ささ → 杏子様 #- [編集]
こんにちは、はじめまして!
私も、ら抜き言葉使っちゃう派です。
というか、すでにもう、「ら」を入れると違和感を感じるほどに症状が進んでいて、治る見込みはない模様です・・・^^;

実は、知人に頼まれて、アメリカの方と一緒に日本語を勉強しています。
この、「ら抜き言葉」のように、自分にとってnaturalじゃない日本語を説明するときは、割り切れなさを感じます~。言葉って、面白いけど難しいですね。


2005-08-22 月  16:41:15 |  URL | ももちゃん #- [編集]
「方言が流行っている?」読ませてもらいました。ここ沖縄でも、最近は、方言によるお話大会のような催しが、あちらこちらでおこなわれるようになっています。時を同じくして・・不思議ですね。全国的な”流行”なんでしょうかね。
「丁寧に、一語一語話せる人になりたい・・」・・さささんの、そういう感性・・いいですね。
方言札をぶら下げられた体験のこと・・1960年というから、当時私が9歳の時で・・幼すぎたからでしょうかね・・トラウマにはなっていないのは・・。当時、まわりのお年寄りが堂々と方言を使っていたのに救われたのかもしれません・・。今私は、方言も、もちろん好きですが、俳句や短歌に関心が向いています。
杏子さんて方のおっしゃる”言葉の美”・・そういう感性も・・大事にしたいですね。
2005-08-24 水  16:09:26 |  URL | 南の・・かなで #- [編集]
ようこそ、お越しくださいました^^
アメリカ人に、日本語を教えてるんですねー
いろんな面白い発見があると思いますが、同時に難しさを感じる気持ち、よく分かります。
また、いろんな面白いこと教えてくださいね~♪
2005-08-25 木  17:28:41 |  URL | ささ → ももちゃんさん #- [編集]
再びコメントありがとうございます。
やっぱり沖縄の方なんですね!^^私は沖縄が大好きで、何度か言ったことがあるのですが、あの独特のアクセントや語尾を聞くたびに、とても優しい気分になれます。なんだか、風土が言葉に表れているような気がして、私は沖縄の言葉が大好きです。

「一語一語を大切に話せるようになりたい。」これは、私の永遠の課題ですね^^;

2005-08-25 木  17:34:40 |  URL | ささ → 南の・・・かなで 様 #- [編集]
さささん、遅いコメントになってしまって失礼します。
私は「日本語教師」として日常でも授業でも「ら抜き」を使わないよう、「意識」していますが、無意識だったら使ってしまいますね。
でも現役大学院生の先生が、生徒が「食べれる」と言った時「それもいいです」というのを聞いて今はそういうふうに教えるんだ~と妙に感心しました。今は特に、日本生活者に教えているのでやはり周りの人が使う日本語は間違いじゃないと教えないといけないかもしれませんね。
2005-08-27 土  23:54:14 |  URL | coucou #- [編集]
coucouさん、お久しぶりです^^
私も教える際、「ら抜きも良く使います。よく聞きますから、間違いではありません。」と言っています。でもテストでは、書いてはいけません。」なんて言いながら(笑)
私は、基本的に話されている言葉に間違いはないという考えです。生徒としては、覚える言葉が増えて厄介かもしれませんがね・・・^^;
2005-08-30 火  14:15:07 |  URL | ささ → coucouさん #- [編集]
はじめまして。おじゃまします。
私は国語の校正士をしています。
小学生のテストやドリルにせっせと「ら抜き言葉」の設問を投入して、どうにか是正を試みてはいるようです。が、実際、生活の話し言葉としては使っていない人の方が多いような気がしますね。
ちなみに私も郷里の方言は「ら抜き」だったのですが、転居して、外部でもっぱら標準語を使っているうちに、「ら入り」が定着しました。
今は、「ら抜き」で話すと違和感があります。
2005-09-24 土  23:55:10 |  URL | 天鐘 #GCA3nAmE [編集]
天鐘さん、はじめまして!
校正士などというお仕事があるんですね。とても興味深いです。
やはり「ら抜き」は地域差が大きいようですね。私の地域ではら抜きが一般的なので、ら入れをすると、逆に違和感を感じます。
まだまだゆれているようなので、日本語を学ぶ人としては、どっちも分かってないとだめってことですね。
2005-09-25 日  21:16:43 |  URL | ささ → 天鐘さん #- [編集]
沢山有るコメント群の中では,「杏子」さんに最も賛成ですね。
日本語教師と言う立場にもかかわらず,
悪い意味で寛容過ぎるブログ主さんの記事内容の方に,寧ろ違和感を感じます。

近年,多いんですよね。
言葉の間違いを指摘されると,素直に間違いを認めず,
「言葉は生き物」とか「誤りではなく揺れ」とか「普及したモン勝ち」とか,
逆ギレで開き直る輩が。

そーゆー派閥の連中は,すぐに
「新しい」とか「山茶花」とか,誤りが定着した例を出してきやがります。
でも,それは正しい現代語としてちゃんと定着し切った例。
由来が誤謬だったというだけ。
だからこそ,義務教育の国語の授業の作文や,役所に提出する正式な書類にも,
正々堂々と使えるし,書いても言ってもツッコまれないのです。

批判派と擁護派とがケンカしている様な「ら抜き言葉」は,
御世辞にも定着し切ったとは言えません。
擁護派のバカ共は,前述例の作文や書類の様な場面でも,
平然と「ら抜き言葉」を用いてみせてくれるのですか!?

言葉が時代と共に長期スパンで変遷するのは当たり前。
その意味でなら「言葉は生き物」とか,大いに結構。
但し,「ら抜き言葉」は間違いと指摘している場合は,
大昔の古語の話をしているのでも,
「ら抜き言葉」が定着し切った未来の仮定の話をしているのでもなく,
現代語として正しくないと指摘しているのです。
ここで誤謬由来の言葉の例を持ち出してきて間違い日本語を正当化とか,
擁護派はどんだけ論点のズレた阿呆なんですかと。
況してや,方言の話を持ち出してくるなんて,筋違いもいいところ。
ブログ主の日本語教師さんは,方言教室の先生か何かなんですか?
日本語の共通語(俗称「標準語」)の先生なんですよね?

数年前,一緒に仕事をした某ディレクター様は,
「ひとしきり」を「一通り」の意味だと誤解していたり,
「すべからく」を「全て」の意味だと誤解していたり,
「煮詰まる」を「行き詰まる」の意味だと誤解していたり,
「一段落」を「ひとだんらく」と言ったり,
本当に“日本語の不自由な日本人”でした。
勿論,「ら抜き」も「さ入れ」も標準装備。「れ足す」は……有ったかな?
何故こんな無教養な阿呆からディレクションされにゃならんのかと,
とても不愉快なプロジェクトだった印象が残っています。
2010-08-30 月  23:37:22 |  URL | みな #xwQHLyVM [編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-21 月  15:25:36 |  URL |  # [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005/09/28 17:27 | てきとー人生(おいちゃん編) | 「ら」抜き言葉・・・ ずーーーっと気になっていて、Nさんからも質問があったので 今日こそ書いてしまいま


Copyright © 日本語教師の日本語大好き生活 【日本語教師になりたい人を応援します!】 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。